読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関ヶ原合戦前夜 (9月14日彦根・安土漫遊記)

 9月15日はあの関ヶ原合戦の開戦日であり、9月14日から16日が三連休ということもあって、行ってきました。まさかあんなことになるとは思ってもいませんでしたが。

 

 そんなわけでまずは彦根。

 

f:id:psychicer:20130923181235j:plain

 

 早くも今年二回目の彦根(えっ もちろんひこにゃんに会うためです。

 

f:id:psychicer:20130914101149j:plain

 

 天守閣内を見学してから、ひこにゃん出待ち。

 

f:id:psychicer:20130914102637j:plain

 ひこにゃ~ん♡

 

f:id:psychicer:20130923181912j:plain

 相変わらずゆるかわいいです。それにしても前回は天守閣前でお遊戯していたのに、なんでこんな本丸の片隅に追いやられているんでしょうか?

 

 今回は動画も撮っているので、御覧ください。

 

 

 ひこにゃんはあまりにも体力がないので、30分のお遊技中に3~4回休憩を挟んでます。私は今回、最初の15分くらいしか見てないのですが。

 

 

 続いて安土へ。

 

f:id:psychicer:20130923182824j:plain

 若かりし頃の信長様がお出迎え。

 

 ちょうどお昼時だったので、安土城に行く前に腹ごしらえ。

 

 

f:id:psychicer:20130923183008j:plain

 

 この日のお昼ごはんは近江牛ざるそば。

 

 そして安土駅前でレンタサイクルを借り、一路安土城へ。

f:id:psychicer:20130914125119j:plain

 

 ここが天下取りへの第一歩。

 

 途中、總見寺で抹茶を頂いてから、幅広くゆるやかな石段を登っていきます。

 

f:id:psychicer:20130914132704j:plain

 

f:id:psychicer:20130914132857j:plain

 

 途中、写真撮影をしたり、信長廟に寄ったりしながら、約40分ほどで天主台へ。この部分は地下一階部分に相当するそうです。

 

f:id:psychicer:20130923185208j:plain

 

 奥の方に滋賀県の海・琵琶湖が見えます。当時は安土城は琵琶湖の畔にあり、水上からも上陸が可能だったようです。

 

 

f:id:psychicer:20130914134732j:plain

 

 帰りは總見寺三重塔方面から羽柴秀吉邸を経て下山。

 

 その後自転車で安土城天主 信長の館へ。

f:id:psychicer:20130914144346j:plain

 

 

 

 ここには1992年に開催されたセビリア万国博覧会に出展された原型の安土城の復元天守(5・6階部分)が中央に鎮座しており、他にも当時の色々な資料(和紙人形等)や日本全国の城写真、武田勝頼・武田氏を滅ぼした功績を称えるために徳川家康や穴山梅雪を安土城に招き入れ饗応した際の饗応膳のレプリカなどが展示されています。

 

 安土を見学後、一旦彦根に戻り、近江鉄道でひこね芹川へ。

f:id:psychicer:20130914162006j:plain

 

 美味しそうな電車でした。

 

 そしてこの日の宿泊は彦根。コミック本がいっぱい置いてあるところでした。読まなかったですけど。

 

(9月15日に続く)

 

【9月14日のつぶやき】→http://twilog.org/psychicer/date-130914

 

 

 社会人は婚活。