読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

江戸東京博物館 特別展『真田丸』簡易レポ

旅行記,日記 告知

 6月18日、東京両国にある江戸東京博物館で行われている特別展『真田丸』を見に行ってきました。私は4月30日に両親と来ているので二回目。この日の同行者はフォロワーのらびっと(@r_a_b_b_i_t )さん。

 

https://www.instagram.com/p/BEz2zjoxMXc/

来ました。#真田丸 (写真は4月30日のものです。それにしても会期2日目と終了2日前に来てる私って……)

 

 会期終了間際の土曜日なので混んでいるかとおもいきや、チケット売り場には4~5人ほどいるだけでした。それを横目にさっさと入場口まで行き、赤い手帳を見せて入場。大抵の場所は障害者手帳の提示で付添人一人まで無料になるのですが、ここ江戸東京博物館は、付き添い二人まで無料だったりします。墨田区さん太っ腹!(各地施設によって割引率は変わります) 

 

 とはいえやはり会場内は激混みで、皆さん列んで牛歩戦術で展示を見て回っていました。まあ列んで回る必要もないので、ちょくちょく列を抜けだしては先に進んでましたが。

 

 NHK大河ドラマ特別展と銘打ってはいますが、ドラマ色は全く無く、展示されていたものは真田信繁真田信之が所要していた武具や鎧兜、旗指物、鉄扇などの所用物、当時の書状・朱印状、画像(肖像画)、長篠の戦い関ヶ原の戦いなどが描かれた屏風などです。武田二十四将図は知っていましたが、武田二十六将図は知りませんでした……。もちろん直江状や、内府ちがいの条々なども展示されていました。フランキ砲とか鉄盾とか見た時は、流石にちょっとびっくりしましたけど^^;

 

 5月23日を境に展示物が入れ替わっているのですが、250点近くある展示物の一割程度が入れ替わったところで気付きやしません。目録を見てもよくわかりませんっ><; つか東京会場で出品されていない展示物なんてあったのか……(東京以外で行われることすら知りませんでした)

 

 気がつけば展示場を出るまでに一時間以上かかっていたのですが、その時間を感じないほど有意義な時間を過ごせました。やはり戦国時代の遺物や史料を見るのは面白いです。

 

https://www.instagram.com/p/BGykhwURMaT/

真田丸展面白かったー

 

 次回のNHK大河ドラマ特別展 真田丸は、真田家のお膝元である長野県上田市上田市立美術館(サントミューゼ)での開催となるようです。会期は7月2日(土)~8月21日(日)。行けるかどうか微妙な時期なのですが、上田会場のみの展示のものもあるらしいので、一回は行ってみたいと思います。(8月6日か20日?)