読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Preparing Valentine(仮)

 

「お待たせー、魅桜【みお】ちゃん。待ったぁ?」

「ううん、あたしも今来たところだから」

 

 駅前の噴水近くで待っているクラスメイトの魅桜ちゃんに挨拶すると、魅桜ちゃんが微笑み返してくれる。

 

「それじゃ行こっか」

 

 ボクは魅桜ちゃんの手を引いて駅前のデパートに向かった。

 

 

 

     Preparing Valentine(仮)

 

 

 

「うわぁ、いっぱいあるねぇ」

 

 デパートのバレンタインフェアコーナーに向かうと、そこには有名なパティシエが作ったチョコやら高級そうなチョコやら、いろいろなチョコレートが並んでいた。

 

「魅桜ちゃんはどんなチョコを買うか決めてるの?」

 

 ボクが聞くと、魅桜ちゃんはふるふると首を振った。

 

「ううん、見てから決めようかと思って。それより帆乃香ちゃんはどんなチョコを買うの?」

「ボク? ボクは……いつも手作りだよ」

「えっ? 帆乃香ちゃん、自分でチョコレート作ってるの?」

「自分で作るって言っても、買ってきたチョコレートを溶かして自分でデコレーションするだけだけどね。そっちのほうが作ってる間とかにも自分の想いをチョコに込める事ができるかなぁ、って思って」

 

 ヘヘッ、なんだか照れちゃうね。

 

「へーっ、なんか素敵ね。あたしも自分でチョコレート作ってみようかなぁ……」

「うんっ、本当に好きな人にあげるのならそのほうがいいと思うナ……」

「あ、じゃあ帆乃香ちゃんて本当に好きな人がいるの?」

「あ、うん……」

 

 口籠【くちご】もってからボクは、上目遣いで魅桜ちゃんを見た。

 

「……誰にも言わない?」

「うん」

 

 魅桜ちゃんがこくんと首を縦に振る。

 

「……笑わない?」

「帆乃香ちゃんの好きな人を笑うなんてできないよ」

「……うん」

 

 ボクは魅桜ちゃんの言葉に頷いた。

 

「あ、あのね、ボクが本当に好きな人は……、ボクのお兄ちゃんなんだ」

 

 思い切ってボクが言うと、最初魅桜ちゃんは少し驚いたような顔をしていたケド、すぐになぜかほっとしたような顔をした。

 

「良かった、帆乃香ちゃんがあたしと同じで」

「……えっ?」

 

 ボクが聞き返すと、魅桜ちゃんは頬をピンク色に染めてはにかんだように微笑んだ。

 

「だって、あたしの好きな人も、あたしのお兄ちゃんだから──」

 

 

 

    Epilogue

 

 自分が本当に好きな人を告白しあったボク達は、二人でチョコレートを作る材料とトッピング、簡単なチョコレートのレシピが載った雑誌を買ってからデパートを出た。

 

「ヘヘッ、なんかいっぱい買っちゃったね」

「うんっ。あとはちゃんと作れるか、ね」

「それとお兄ちゃんにばれないようにしなきゃね」

 

 言ってボク達はクスッと笑った。

 

「あ、それじゃあボク、そろそろ帰るね。魅桜ちゃん、今日は付き合ってくれてありがとう」

「あ、待って、帆乃香ちゃん」

 

 ボクが帰ろうとすると魅桜ちゃんが呼び止めてきた。そして今日買物した袋の中をごそごそと漁りだす。

 

「はいっ、これ、帆乃香ちゃんに」

「えっ? これって……」

 

 さっきのデパートに売ってたチョコレート?

 

 びっくりして魅桜ちゃんの顔を見ると、魅桜ちゃんは少しはにかんだように微笑んで、

 

「ちょっと早いけど、帆乃香ちゃんにバレンタインチョコ。いつまでも友達でいてね、帆乃香ちゃん」

「ありがとう、魅桜ちゃん。それじゃあボクも……」

 

 本当はバレンタインの日に渡そうと思っていたチョコレートを袋の中から取り出して、魅桜ちゃんに手渡す。

 

「いつまでも仲良くしてね、魅桜ちゃん。大好きだよ」

 

 

Fin.

 

   *   *   *

 

 そんなわけでバレンタインSSですが。

 

 まあ実は4年前くらいにある企画で書いたものそのままだったりするのですが。ところであの企画ってまだ生きてるのかなぁ……? 公式はとっくにお亡くなりになってるっぽいですが、その後もどうなったんだか。

 

 本当はバレンタインのような定期イベントのSSくらいはちゃんと書きたかったのですが、なかなか時間も取れずアイデアも浮かばず、過去作品の再利用になってしまいました。これにしても冒頭の魅桜と帆乃香の関係くらいは書き足したかったんだけどなぁ……。イメージはこのSSの前日の放課後に、二人が買い物の約束をしているところとか。

 

 ……帆乃香みたいな妹、欲しかったなぁ……(だからこそ帆乃香が生まれたわけですが

 

 もう一組の方はもうしばらく封印しておきます。まあなんかのはずみでひょっこり出すかも知れませんが。

 

   *   *   *

 

 今日は予告通り天王洲からフェリーで東京ゲートブリッジとレインボーブリッジの真下をくぐり抜けてきました。約2時間半のクルージングの間ほとんどずっとデッキに立ちっぱなしだったので脚が痛かったです。そして防波堤内とはいえ、東京湾海上の風はやや強めで冷たかったです。デジカメでいっぱい撮ってきたので、早めに整理して日記を更新したいと思ってます。バレンタイン後に。