読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミズバショウ咲く戸隠森林植物園ウォーキング

そんなわけで5月15日は日帰りで戸隠ウォークバスツアーに参加してきました。


この日は埼玉(県内)出発ではなく東京出発を選んだため、電車で北千住へ。そこからバスに乗車し、関越自動車道から上信越自動車道へ。そのまま上信越道を北上し、おいおいこのままじゃ新潟まで行っちゃうんじゃねーの?と思った頃に信濃町ICから高速あうと。長野ICから降りて善光寺の近くを通るのかと思ってましたが、北から入ったほうが早かったんですかね?

その間バスの中で早めの昼食。
f:id:psychicer:20110528091330j:image


食後のデザートはなんとサントリーさんから試飲用として支給されたノンアルコールビール
f:id:psychicer:20110528084111j:image


ともかくも昼過ぎに戸隠森林植物園に着き、ウォーキング開始。

f:id:psychicer:20110515123824j:image
この時期はミズバショウがキレイに咲いていました。まだ満開ではないようですが。

f:id:psychicer:20110515123308j:image


f:id:psychicer:20110515123245j:image


隋神門へ。
f:id:psychicer:20110515125408j:image


ここを過ぎると、タイヤ屋さんのガイドブックに星付きで載っている、テレビでもおなじみの杉並木道が延々と続きます。
f:id:psychicer:20110515125511j:image


f:id:psychicer:20110515125525j:image


f:id:psychicer:20110515125855j:image
樹齢ン百年だけあって、美樹がすごく………太いです……


f:id:psychicer:20110515130300j:image


戸隠神社 九頭龍社。奥の方は洞窟になっているとか……
f:id:psychicer:20110515131611j:image


戸隠神社 奥社。写真取るの忘れた……。
f:id:psychicer:20110515132324j:image


戸隠と呼ばれる由来として、天照大御神(あまてらすおおみかみ)が弟である須佐之男命(すさのおのみこと)の度重なる非行を見かねて天岩屋戸にお隠れになったときに、怪力無双の天手力雄命(あまのたじからのおみこと)が取って投げた岩戸が信濃国戸隠まで飛んできてその岩戸が山となり、戸隠山と呼ばれるようになった、というのが現在一般に信じられている伝説です。天照大御神の天岩屋戸神話は九州の地で起こった話なんですがね。


f:id:psychicer:20110515132605j:image


杉並木道を引き返し、森林植物園を大きく迂回して鏡池へ。
f:id:psychicer:20110515140402j:image


f:id:psychicer:20110515140609j:image
この日は若干風があったせいか、池の表面略してイケメンは若干波立っていて、池に映った周りの山々を綺麗に見ることはできませんでした。

f:id:psychicer:20110515140817j:image


そしてバスを降りた駐車場まで戻り、近くの店でそばソフトクリームを食べたところで、戸隠自由行動時間180分が終了。なんだか廻りたいところを廻るのにきっちりちょうどいい時間だったんだか、全然時間が足りなかったんだか……

f:id:psychicer:20110515141531j:image


f:id:psychicer:20110528084142j:image


そしてバスはまた信濃町ICから上信越自動車道へ入り、長野ICであうと。軽食のおやきとそばを食べるために松代にあるおぎのや(長野店)へ。


松代のおぎのやといったら、私にとってはここなので^^;
f:id:psychicer:20110515164349j:image


f:id:psychicer:20110515164404j:image


f:id:psychicer:20110515164417j:image
ここまで来ると正直、松代城や典厩寺、川中島古戦場に行きたくてウズウズしてくるんだが……。


そしてまた長野ICから高速に乗り、東京へ。やはりというかなんというか、高崎JCT付近で渋滞に捕まってしまいました……。


と、ここでバスの添乗員さんが、この日、他のツアー参加者に行方不明者が一人出てしまったと衝撃の告白。まあ奥社や鏡池までならともかく、その周辺は山道も多く、くまなども出没するみたいですからね……無事だといいのですが。


帰りにもう一本ノンアルコールビールをもらい、バスを降りて北千住で夕飯を食べてから帰宅。


前から行きたいと思っていて今回のバスツアーに参加したのですが、まあまあ楽しかったかな? やはり行きたいところに行けるのはいいですが、逆にここにも行きたかったとかもっとゆっくりしてたかったとかあるので、ツアーはやはり行きたい場所の下見とかそんな感じになっちゃいますかね。今度は自分で計画を立てて、もうちょっとのんびり行ってみたいです。


追伸 8月15日の諏訪湖花火大会も、バスツアーで参加することになりました。諏訪大社や高島城、松本城には寄れないですけど、やはり桟敷席で鑑賞できるというのは捨てがたく……。多分普通に桟敷席とかとると1万前後はしますし長い時間場所を確保しておかなければいけないですし、あの時期諏訪周辺のホテル宿泊費は通常の数倍はしますからね……。多分茅野でも結構跳ね上がるんじゃないかな……。