関ヶ原陣跡制覇ウォーキング参加してきました (9/24 関ヶ原) そにょ2

関ヶ原陣跡制覇ウォーキング参加してきました (9/24 関ヶ原) そにょ1の続き)

 

 そんなわけで。

 

 膝がほとんど曲がらない脚を引きずりながらアップダウンの激しい松尾山へ。待ってろ金吾!

 

f:id:psychicer:20170924111614j:plain

 

f:id:psychicer:20170924112856j:plain

 途中休憩を挟みながら40分ほど掛けて松尾山山頂にある小早川秀秋陣跡に到着。ここが10番目の陣跡。もう私の膝下より高い土段とか何なの……こんな膝でよく登ってこれたな私……。

 

 写真なんか撮ってる余裕はなかったので、 途中経過はなしです。

 

 なんか灰が降ってきてるな……と思ったら、ここでも狼煙を上げておりました。わかったよ、内府。ボク、刑部の陣に吶喊するよ!

 

 小早川秀秋豊臣秀吉の正室・高台院の甥であり、れっきとした秀吉の親族。関ヶ原の戦いでは当初、15,000の軍勢を率い、関ヶ原の南西にある松尾山に陣を敷いていた伊藤盛正を追い出してそこに布陣した。午前中こそ西軍優勢の戦場を傍観していたものの、秀秋は最終的には家康の催促に応じ、松尾山を下り、西軍の大谷吉継の陣に攻めかかった。この離反によって連鎖的に脇坂安治・朽木元綱・小川祐忠・赤座直保らの離反を生じさせ、大谷吉継を討ち取った。

 これにより大勢は決し、夕刻までに西軍は壊滅、東軍の勝利となった。

 

 

 こんな特等席から主戦場を見下ろしていたら、たしかに東軍西軍どちらにつくか若い金吾くんは大いに迷うでしょうけど、ちょっと主戦場からは遠く離れてるような気が。

 

 ちょうどお昼時だったということもあり、皆さん眺めのいい場所に陣取ってお弁当を広げたりしていました。どうせなら南宮山でお弁当を食べたかった……。

 

 

 さて、山を登ったら当然下りなくてはいけません。はっきり行って登りより下りのほうがつらいです。最初右膝だけだった痛みは左膝の方にもキてましたからね。

 

 もう恐る恐るといった感じでゆっくりと松尾山を下山。こんなんじゃ関ヶ原の戦い終わっちゃうよ!

 

 松尾山を無事下山してからもまたかなり大回りをして、次なるチェックポイントへ。

 

 とその前に。

 

  関ヶ原の戦いとは一切関係ありませんが。

   

f:id:psychicer:20170924124240j:plain

 常盤御前の墓前がチェックポイント兼休憩所になってました。

 

https://www.instagram.com/p/BZaMFxVHa7L/

昭和だねぇ……

 

 11番めの陣跡は大谷吉継陣跡。

 

 

  刑部様が見てる。

 

 会津征伐に向かう途中で石田三成の居城である佐和山城に立ち寄った大谷吉継は、ここで親友の石田三成に家康に対しての挙兵を持ちかけられた。これに対して吉継は「無謀であり、三成に勝機なし」と説得するが、三成の固い決意を知り熱意にうたれると、敗戦を予測しながらも息子達と共に三成の下に馳せ参じ西軍に与した。

  関ヶ原では東軍の藤堂高虎京極高知両隊を相手に奮戦し、正午頃、松尾山に布陣していた小早川秀秋隊15,000人が東軍に寝返り大谷隊を攻撃してきたときも、初めから小早川隊の謀叛に備えていた直属の兵600で迎撃し、更に前線から引き返した戸田勝成・平塚為広と合力して、兵力で圧倒する小早川軍を2,3回と繰り返し山へ追い返す活躍を見せた。

 しかし吉継が追撃を仕掛けたところへ、秀秋の裏切りに備えて配置していた脇坂・朽木・小川・赤座の4隊4200人が東軍に寝返り突如反転、大谷隊に横槍し、大谷隊は防御の限界を超えて壊滅、吉継は自害した。

 

f:id:psychicer:20170924135258j:plain

  隣には大谷吉継介錯し、その首を地中深くに埋めた湯浅五助の墓があります。大谷吉継の墓は合戦後間もなく藤堂家によって建立されたもので、湯浅五助の墓は、大正5年に五助の子孫によって建立されたもの。

 

 

f:id:psychicer:20170924135045j:plain

 平塚為広碑はコースから少し外れるうえに、チェックスタンプがなかったので、知る人ぞ知るポイントになってました。

 

 平塚為広は大谷吉継とともに石田三成に還元したが、聞き入れられずに西軍に与することになった武将。関ヶ原本戦では大谷吉継隊に属して前備え360人を率い藤川の台に布陣、予想通り裏切った秀秋の部隊相手に奮戦し数度撃退したが、脇坂安治らの裏切りや藤堂隊、京極隊の攻撃に持ちこたえることができず壊滅状態になった。為広はなおも孤軍奮闘したが、山内一豊の家臣樫井太兵衛に討たれた。碑は昭和15年9月15日に為広の子孫が建立したもの。

 

 12番めの陣跡は、西軍の主力である宇喜多秀家陣跡。

 

 

f:id:psychicer:20170924140531j:plain

  宇喜多秀家関ヶ原の戦いにおいて西軍主力(西軍の中では最大の17,000人)として戦い、東軍の福島正則隊と戦闘を繰り広げた。しかし同じ豊臣一門である小早川秀秋の裏切りで西軍は総崩れとなり、宇喜多隊は壊滅した。

 関ヶ原敗戦後、秀家は伊吹山中に逃れた後、変装して薩摩国島津義弘などを頼って落ち延び、牛根郷(現在の鹿児島県垂水市)に匿われましたが、「島津氏が秀家を庇護している」という噂が広まったため、慶長8年(1603年)に島津忠恒(義弘の子)によって家康のもとへ身柄を引き渡され、駿河国久能山へ幽閉後、八丈島へ配流となっています。享年83(1572-1655)。関ヶ原を戦った大名の中では、最も遅くに没した人物で、このとき既に江戸幕府第4代将軍・徳川家綱の治世でした。(ちなみに関ヶ原合戦には参加していないが、真田信之は享年91(1566-1658)、松平忠輝は享年92(1592-1683)。当時の苦労人は結構長生きしてます。)

 

 13番目、文禄・慶長の役の際、加藤清正と先陣を争ったことでも有名なキリシタン大名小西行長の陣跡。開戦地のすぐ近くにあります。

 

f:id:psychicer:20170924142018j:plain

 

 小西行長は、秀吉の死後、寺沢広高とともに徳川家康の取次役を勤めるなど、むしろ家康との距離を近づけているが、家康による会津征伐に際しては上方への残留を命じられた。その後に起こった関ヶ原の戦いでは、石田三成に呼応し西軍の将として参戦する。

 9月15日の関ヶ原本戦では、東軍の田中吉政、筒井定次らの部隊と交戦して奮戦する。しかし小早川秀秋らの裏切りで大谷吉継隊が壊滅すると、続いて小西隊・宇喜多隊も崩れ、行長は伊吹山中に逃れた。

 のちに市中引き回しの後、六条河原において石田三成安国寺恵瓊と共に斬首された。

 

 そしてそのすぐ近くにある関ヶ原古戦場開戦地。

 

f:id:psychicer:20170924142343j:plain

  開戦のきっかけは、通説では井伊直政松平忠吉らが物見と称して、福島隊の猛将可児才蔵を騙して宇喜多隊に発砲したとされていましたが、実際は霧の中での偶発的な遭遇戦であり、戦闘開始はそれに続く福島正則体が宇喜多秀家隊に向けた銃撃戦。……この場所から最も近い場所に陣を構えていた小西行長は?

 

 そしてここから少し離れるものの、かろうじて見える範囲にある島津義弘陣跡。14番目。

 

f:id:psychicer:20171009181522j:plain

 

f:id:psychicer:20170924143203j:plain

 

f:id:psychicer:20171009181607j:plain

f:id:psychicer:20170924143304j:plain

 

 家康から援軍要請を受けて1,000の軍勢を率い、鳥居元忠が籠城する伏見城の援軍に馳せ参じるものの、元忠が家康から義弘に援軍要請したことを聞いていないとして入城を拒否したため、当初の意志を翻して西軍への参戦を決意。

 しかし諸々あって戦意を失っていた島津隊は参陣こそすれ戦場で兵を動かそうとせず、小早川秀秋隊の裏切りによって西軍が壊滅・敗走を始めた結果、退路を遮断され敵中に孤立。伊勢街道からの撤退を目指して、捨て奸(すてかまり)と言われる、何人かずつが留まって死ぬまで敵の足止めをし、それが全滅するとまた新しい足止め隊を残すという壮絶な戦法を用いて敵中突破を敢行、甥・豊久や義弘の家老・長寿院盛淳らなどの多大な犠牲があったものの、義弘は立花宗茂らと合流し、共に海路から薩摩に逃れることができたそうです。

 

 いよいよゴールが近づいてきました。

 

  両軍合わせて15万とも云われる関ヶ原の戦いで、最大の激戦となったのがこの決戦地一帯です。

 

 そしてラスト、15番目の陣がある悪の巣窟笹尾山へ。

 

f:id:psychicer:20170924145344j:plain

 つかまた山に登らにゃあかんのか……石田三成が来い。

 

f:id:psychicer:20170924150251j:plain

 島左近陣跡はチェックポイントではありませんが……

 

 島左近は三成に三顧の礼をもって迎えられ破格の高禄を食む側近として仕え、「治部少(三成)に過ぎたるものが二つあり 島の左近と佐和山の城」と謳われるほどの逸材で、関ヶ原前哨戦の杭瀬川の戦いでは明石全登隊と共に勝利したものの、その夜に島津義弘小西行長らと共に提案した夜襲は、三成に受け入れられずに終わった。

 関ヶ原の戦い本戦においては、最初は西軍有利に進み、左近も自ら陣頭に立った。しかし正午過ぎ、小早川秀秋の東軍寝返りを皮切りに西軍は総崩れとなり、敵の銃撃により討ち死した。

 最期の折の勇猛さ・狂気じみた左近の奮戦ぶりは東軍諸将のあいだでも語り草となった。特に左近を討ち取った黒田長政軍の兵士たちは関ヶ原から数年が過ぎても戦場での悪夢にうなされ、夢枕で左近が発した「かかれぇーっ!」の声を聞いて恐怖のあまり布団から飛び起きたとの俗説が伝わるほどである。いしだみつにゃんにしまさこにゃん……。

 

 そしてヒイコラ言いながら最後の力を振り絞って笹尾山の土段を登り(坂道より階段のほうがツラい)、ようやく山頂にある西軍総大将、石田三成陣跡へ。

 

 f:id:psychicer:20170924150931j:plain

 やはり山の上は見晴らしがいいです。治部のくせに生意気だ。

 

 さて、登った山は下りなきゃいけません。膝が曲げにくいほどに痛いと、坂道より階段のほうがツラいんです。

 

 手すりにつかまりながらようやく土段を下りきると、麓では武将隊による演劇&演舞が行われてました。

 

 

 私が笹尾山についた十数分後に始まるというのは知ってたよでも演舞が全部終わってからこの脚で笹尾山を昇り降りしてたらゴール最終時間過ぎちゃうと思ったから先に笹尾山に登ったんだよもっとも全部見る気はなかったけどね。

 

 武将隊の演舞は久しぶりだったので、本当は最初からちゃんと見たかったのですが……。

 

 それはともかく、すべての陣跡を廻り終わり、ゴールのスタンプを押してもらいました。現在チェックシートが手元にないため、後ほど各チェックポイントで配布された千社札とともにアップロードします。

 

  

 まさかこんなことになるとは想像もしていませんでしたが、とにかく16km完歩することができました! とは言えこれで膝の痛みが消えるわけでもなく……。

 

 在来線では流石に座ることは出来ませんでしたが、名古屋からの新幹線は普通に指定席を取って座って寝ながら帰りました。階段の昇り降りが出来ずに、全てエスカレーターやエレベーターを使ったことは言うまでもありません。

 

 とはいえ久しぶりの関ヶ原陣跡制覇ウォーキング、楽しかったです。各武将の陣跡を線で結んだだけの、ウォーキングコースは進軍に関係なく説明も各陣跡に設置された文章だけですが、ウォーキングイベントとしては楽しかったです。

 

 あとはまあ普通に関ヶ原ウォーランドとか伊吹山、エコミュージアム関ヶ原関ヶ原鍾乳洞、桃配山や南宮山、不破の関にも行ってみたいです。駅から遠いですが。

 

https://www.instagram.com/p/BZaf8RqHLXI/

間違ってはいない

 

 

  

https://www.instagram.com/p/BZazKE_HIEV/

名古屋の駅弁、ひれ味噌かつ重いただきます

 

 

 

 来たる11月4日(土)に歴史タレントの小栗さくらさんが「小栗さくらの語りで巡る♪ 関ヶ原古戦場ウォーキング」というツアーのガイドをされるようです。さすがに関ヶ原陣跡制覇ウォーキングみたいに全部の陣跡を廻るわけではないですが、関ヶ原の戦いをストーリーを交えて語り、関ヶ原古戦場をガイドしてくれるそうなので、興味のある方は是非参加してみてください。私はもう予定があるので参加できませんが。

 

 その他10月14日・15日には関ヶ原合戦祭り2017が行われるようです。興味のある方は是非!

www.kanko-sekigahara.jp

 

 私はその日は静岡の臨済寺特別公開(年二回のみ)に行ってきます。

www.surugawan.net

 

 

関ヶ原陣跡制覇ウォーキング参加してきました (9/24 関ヶ原) そにょ1

 タイトル通り(終)

 

 そんなわけで9月24日、関ヶ原陣跡制覇ウォーキングに参加してきました。参加コースはもちろん制覇コース。(桃配山周辺、南宮山を除く関ヶ原町内すべての陣跡制覇)

 

 まずは彦根駅から関ヶ原駅へ。

 

  関ヶ原には「聖母たちの子守唄」がよく似合う。

 

f:id:psychicer:20170924080358j:plain

 

 ちなみに前回関ヶ原訪問は3年前(2014年)の同じく関ヶ原陣跡制覇ウォーキング。2015年の年末ツアーでも来てますが、そのときはしゃぶしゃぶ喰っただけなのでノーカンってことで。

 (さらにちなみに前回関ヶ原陣跡制覇ウォーキング参加時の様子。前哨戦決選当日。やはり似たようなことやってたのね)

 

 もう前回の日記に詳しく書いてあるから今回はこれで終わらせていいよね……

 

 

 

  というわけにもいかないので(飽きたらそこで終了だよ)

 

 関ヶ原駅前にある観光交流館にコインロッカーがあるということでしたが……9時から……? 今まだ8時ちょっと前だぞ……?

 

 と思ったものの、待っている人はちらほらいましたし、「前回は早めに開けてくれ

た。市役所の方に問い合わせてみた」との話を小耳に挟み、そのまま待つことに。イベントが有るんだから、早めに開けてくれるよね?

 

f:id:psychicer:20170924080434j:plain

 

 やがて8時20分少し前に観光交流館の方が来て店を開け、無事コインロッカーに荷物を預け会場へ。

 

f:id:psychicer:20170924154314j:plainf:id:psychicer:20170924154308j:plain

 一番小さいコインロッカーは100円。

 

 受付で参加費用1,000円を払い、コースの地図兼チェック表とペットボトルのお茶、参加賞のタオルと早期参加予約特典のステッカーを頂き、いざ関ヶ原

f:id:psychicer:20170924083316j:plain

 

 

 ちなみに参加者は意外と女の人が多く、カップルやら若夫婦やら老夫婦やら様々でした。ウォーキングやらちょっとした登山なら初老の方のほうが得意なのかも?

 

f:id:psychicer:20170924085005j:plain

 朝から大砲の音がガンガン鳴り響いてました。

 

f:id:psychicer:20170924085459j:plain

 関ケ原町歴史民俗資料館の倉庫も当然関ヶ原仕様。

 

 まず一つ目の陣跡は細川忠興陣跡。

f:id:psychicer:20170924084701j:plain

f:id:psychicer:20170924084726j:plain

  豊臣恩顧の有力大名だったが、関ヶ原合戦では徳川家康からの誘いを受け東軍に与した細川忠興黒田長政らと共に石田三成の本隊と激闘を演じた。

 

 二つ目は共に羽柴秀吉を支えた偉大なる軍師、竹中半兵衛と黒田半兵衛の息子たち、黒田長政と竹中重門の陣跡がある岡山烽火台へ。

 

 ここに行くには大きな通りを横切らなくてはいけないため、地下道を通ったのですが、階段を降りるときに膝がめちゃくちゃ痛い。あれ、もしかして安土城の石段で膝を痛めた……? まだ戦は始まったばかりだぞ……。

 

 

f:id:psychicer:20170924091502j:plain

 と、痛い脚を引きずりながらも岡山烽火台へ。上り坂つらい……。

 

f:id:psychicer:20170924090309j:plain 

 

f:id:psychicer:20170924090338j:plain

 ここでも狼煙がバンバン上がってました。みんな早よ出陣!

 

 竹中重門は羽柴秀吉の軍師・竹中半兵衛の嫡子で、関ヶ原の戦いでは当初西軍に与して犬山城主・石川貞清を援助していたが、徳川四天王の一人、井伊直政の仲介によって東軍に鞍替え。戦後伊吹山で西軍の武将・小西行長を捕縛するなどの大功を挙げた。当時関ヶ原一帯は竹中市の所領地だった。

 黒田長政は同じく羽柴秀吉の軍師・黒田官兵衛の嫡男で、関ヶ原の戦いでは東軍の切り込み隊長として西軍に猛攻を加え、石田三成の家老・島左近清興を討ち取り、さらに西軍の小早川秀秋吉川広家など諸将の寝返りを交渉するなどの凄まじい活躍を見せた。

 

f:id:psychicer:20170924090352j:plain

 脚が痛いので、これ以上案内板のところまで降りるのは無理でした……。

 

 そして関ヶ原を大回りしてゴールである笹尾山付近の関ヶ原最後決戦地の横を抜け、スタート地点からほど近い徳川家康最後陣地へ。簡単に書いていますが、30分近く歩いています。脚を痛めているとはいえ、結構ハイペースで歩いてこれです。まだまだ若いモンには負けられんよ……(平地はぜんぜん大丈夫でした)

 

 電柱にはこういった豆知識が掲げられていました。全部読破すればだいぶ詳しくなれるかな?

 

f:id:psychicer:20170924094317j:plain

 案内もしっかりあるので、迷うことはない! と思う……。

 

 

 三つ目の陣跡、徳川家康最後陣地。近くには西軍の首実検を行なった床几場があります。

 

f:id:psychicer:20170924093743j:plain

 

 

 四つ目の陣跡は田中吉政陣跡。ここでのチェックは無し。

 

 田中吉政は秀吉の死後徳川家康に接近し、関ヶ原の戦いでは東軍に属した。前哨戦の岐阜城攻略では、黒田長政藤堂高虎とともに大垣城から岐阜城へ向かう西軍を河渡で殲滅したり、東軍勝利後、石田三成の居城である佐和山城を宮部長煕と共に搦手から突入して落城させるとともに、伊吹山中で逃亡中の三成を捕縛する大功を挙げている。

 

 五つ目の陣跡は、おそらく駅から一番近い松平忠吉井伊直政陣跡。直ぐ側に東首塚があります。

 

 f:id:psychicer:20170924094535j:plain

f:id:psychicer:20170924094556j:plain

 

 

f:id:psychicer:20170924094719j:plain

  松平忠吉徳川家康の四男(秀忠の同母弟)で、関ヶ原の戦いでは舅の井伊直政の後見の元、初陣を飾って島津豊久を討ち取るなどの功をあげ、武蔵忍城10万石から清洲52万国を与えられ左近衛中将に任官した。

 井伊直政徳川四天王徳川十六神将・徳川三傑の一人で、関ヶ原の戦いでは本多忠勝とともに東軍の軍監に任命され、東軍指揮の中心的存在となった。同時に全国の諸大名を東軍につける工作を行い、直政の誘いや働きかけにより、京極高次や竹中重門など、多くの西軍の将を東軍に取り込んでいる。

 

 そしてもうひとりの徳川四天王であり、東軍の軍監である本多忠勝陣跡へ。これで六つ目。

 

 藤岡弘、 本多忠勝関ヶ原の戦いでは家康本軍に従軍した。但し、本多本隊は嫡男の忠政が率いており、忠勝は徳川本陣にあって、豊臣恩顧の武将の監視役にあったともいわれています。影武者徳川家康ェ……。

 

 そこから長駆して七つ目の藤堂高虎京極高知陣跡へ。

 

f:id:psychicer:20170924101500j:plain

  京極高知も秀吉死後に徳川家康に接近し、関ヶ原の戦いの前哨戦である岐阜城攻めや、関ヶ原の戦いでは大谷吉継隊と戦うなどの戦功を上げた。

 なお京極高知淀君の妹、初の夫である京極高次の弟です。

 藤堂高虎も秀吉死後に徳川家康に急接近し、関ヶ原本戦では大谷吉継隊と死闘を演じている。また、留守中の伊予国における毛利輝元の策動による一揆を鎮圧したり、更に脇坂安治や小川祐忠、朽木元綱、赤座直保らに対して、東軍への寝返りの調略を行っている。

 

 八つ目は羽柴秀吉子飼いの武将にして、賤ヶ岳七本槍の一人、福島正則陣跡。

 

f:id:psychicer:20170924102506j:plain

f:id:psychicer:20170924102418j:plain

f:id:psychicer:20170924102435j:plain

 

 石田三成憎しで東軍の先鋒となった福島正則の陣は春日神社になっています。その境内にそびえる樹齢800年の「月見の宮大杉」は関ヶ原合戦屏風にも描かれているものだとか。

f:id:psychicer:20170924102445j:plain

 

 f:id:psychicer:20170924103332j:plain

 ここがまさしく運命の分かれ道、一番距離の短い合戦コース、激闘コースと、松尾山登りがある制覇コースの分岐点。先程から膝がほとんど曲がらず、歩道橋の階段昇降にすら苦労していた私は、迷わず制覇コースの松尾山方面を選びました。まあせっかく来たんだし、ここは制覇しておかないとね。

 

 

 九つ目は同じく賤ヶ岳七本槍の最年長武将、脇坂安治の陣跡。東軍への内通の風聞があった小早川秀秋に備えて朽木元綱、小川祐忠、赤座直保らと共に配置されていましたが、小早川隊が大谷隊を攻撃するとそれに乗じて他の3将と共に寝返り、平塚為広・戸田勝成の両隊を壊滅させています。

 

 

 ただし脇坂安治は、当初から東軍に与するつもりが、大坂に滞在していたときに石田三成が挙兵したため、やむなく約1,000名の兵を率いて西軍に付いたという事情もあり、戦前に通款を明らかにしていた為、裏切り者ではなく当初からの味方と見なされ、戦後に家康から所領を安堵されています。

 

 そしていよいよ関ヶ原陣跡制覇ウォーキング最大の難所、松尾山に登ります。果たしてこの脚で登りきれることやら……。

 

f:id:psychicer:20170924105356j:plain

f:id:psychicer:20170924105405j:plain

 キンゴ~~! キンゴ~~! (CV:草◯剛)

 

 後半があると思うなよ!(続く)

 

原点回帰 (9/23 彦根・安土攻略) 安土城

原点回帰 (9/23 彦根・安土攻略) 彦根城の続き)

 

 彦根を後にし、次なる目的地である安土へ。前回安土訪問は2013年9月なので4年振り4回目くらい。

 

 安土駅は拡張修復工事をやっていたらしく、駅前の第六天魔像は見ることができませんでした。

 

 そして安土駅前に沢山あるレンタサイクルショップで自転車を借り、もらった地図を辿って安土城へ。

 

  永楽通寶の刀の鍔……

 

 

 入り口で入場料+摠見寺特別拝観料1,200円を払い、御朱印帳と御朱印代(2種類600円)をあずけて入場。

 

f:id:psychicer:20170923134152j:plain

 はじめは幅が広く、緩やかな石段です。

 

 

 そして摠見寺の特別拝観場所がある伝徳川家康邸跡へ。

 

 

f:id:psychicer:20170923134727j:plain

 

 建物内は一部を除き撮影可能でした(確認済み) 

f:id:psychicer:20171006212827j:plain

 

f:id:psychicer:20170923135741j:plain

 

f:id:psychicer:20170923140145j:plain

 

 

 お抹茶と和菓子をいただきました。

 

 そして再び安土城攻め

 

f:id:psychicer:20170923140747j:plain

 

 

 

 

f:id:psychicer:20171006214028j:plain

 

  

 織田信長次男で、本能寺の変後に安土城に入ったものの、失火で安土城を焼失させるなど、信長の息子なのに無能と名高い織田信雄一族の供養塔がありました。

 

f:id:psychicer:20170923142024j:plain

 

f:id:psychicer:20170923141706j:plain

 

 

 

 

 

f:id:psychicer:20170923143243j:plain

 

 天主跡着きましたわー♪

f:id:psychicer:20170923145051j:plain

  天主台付近からの眺め。

 

 少し休憩してから、一気に下ります。

 

f:id:psychicer:20170923144636j:plain

 

 

 

 

 

 入口に戻り、御朱印帳を回収してから退城。

f:id:psychicer:20171006232817j:plain

 再び自転車に乗り、次なる目的地へ。

 

 

 ここには1992年に開催されたスペイン・セビリア万博へ出展された原寸大の安土城天主(5・6階部分)が展示されています。

 

f:id:psychicer:20171006232738j:plain

 

f:id:psychicer:20170923154204j:plain

 

f:id:psychicer:20170923154321j:plain

 

f:id:psychicer:20170923154453j:plain

 

 続いて駅近くの安土城郭資料館へ。

 ここには20分の1スケールで再現された幻の名城”安土城”や、屏風絵風陶磁版壁画などが展示されています。

 

 

f:id:psychicer:20170923161000j:plain

 安土城の天主閣は吹き抜け構造だったようです。

 

 その後自転車を返却し、安土駅から再び彦根へ。この日は彦根泊でした。

 

  

https://www.instagram.com/p/BZYM6CQHw7-/

ひこどらいただきます。

 

https://www.instagram.com/p/BZYfBTyHECX/

彦根城入場証(無料配布)とお城カード(200円)

 

https://www.instagram.com/p/BZYjdtQncYr/

安土城址で摠見寺の御朱印いただいてきました

 

  24日に続く

 

原点回帰 (9/23 彦根・安土攻略) 彦根城

 前のブログからだいぶ時間が開いてしまいました。旅行記も溜まりすぎて、ほぼ一ヶ月以上溜まってます。(前ブログの諏訪湖祭湖上花火大会除く) 移転前の記事も移動したいし……。まあのんびりやっていきますが。

 

 閑話休題

 

 9月23日は、戦国時代激動期の中心だった近江国東部に行ってきました。まあタイトルに有るように彦根城安土城を攻略してきたわけですが。

 

 原点回帰というのは、私が城攻めを意識してから初めて行ったお城がこの彦根城安土城だからです。初登城が2009年3月だからまだ8年しか経ってないのか……。もちろん幼少のみぎりによく散歩に行っていた小山城や、本籍地の近くにあった小諸城、観光に行った松本城名古屋城は除きます。

 

 そんなわけでいつものように新幹線で東京から名古屋で乗り換えて米原へ。更にそこから普通電車に乗り換えて彦根へ。

  前回彦根訪問は平成27年7月19日でした。

 

I'm at いろは松 in 彦根市, 滋賀県 https://t.co/7aTJ6u4bXY pic.twitter.com/pSG5QYRlsj— さいきっかぁ@9/24関ヶ原陣跡制覇 (@psychicer) 2017年9月23日

 

f:id:psychicer:20170923100501j:plain

 築城410年祭+『女城主 井伊直虎』効果なのか、だいぶ整備されていました。

 

f:id:psychicer:20170923100526j:plain

 

f:id:psychicer:20170923100818j:plain

 ひこにゃん登場まで約20分。登城するにはまだ早い。(最近のひこにゃんは、本丸横ではなく博物館前に登場するようです)

 

 なのでまずは彦根城博物館へ。障害者なので入場料は免除。(付添一名まで無料?)

 

  なかなか良心的な博物館でした。

 

 ところでこの兜の金の角?は兜の前に付いていますが、井伊直政の兜の金の角は兜部分から直接生えています。それが総大将のみに許された兜だったようです。

f:id:psychicer:20170930220631j:plain

 

f:id:psychicer:20170923101940j:plain

 彦根城博物館彦根藩の表御殿(復元)とつながっていました。

 

f:id:psychicer:20170923102013j:plain

 

f:id:psychicer:20170923102103j:plain

 

 そして再び博物館ゾーンへ。

f:id:psychicer:20170923102651j:plain

 

f:id:psychicer:20170923102729j:plain

 

f:id:psychicer:20170923102743j:plain

 

f:id:psychicer:20170923103347j:plain

 彦根城ご来場50万人目おめでとうございます!!

 

 そしてひこにゃんが登場する予定の場所へ。

f:id:psychicer:20170923103942j:plain

 結構人が集まってきています。

 

 

  ひこにゃんかわいいよひこにゃん

 

  ゆるすぎてもはや幼稚園児のお遊戯レベル。でもカワイイから許す。お兄さんの説明もなかなか面白いです。たしかにあれを30分はキツいわw

 

  お姉さんにブラッシングしてもらったあともひこにゃんはゆるゆるパフォーマンスを続けていましたが、時間の関係で私も退席。早速彦根城へ。

 

 こちらももちろん入城料免除になりました。

 

f:id:psychicer:20170923110429j:plain

 いざ彦根城天守閣へ。

 

f:id:psychicer:20170923110533j:plain

 

f:id:psychicer:20170923110739j:plain

 廊下橋に接続する櫓門部分を中央に、両坂道(表門側と大手門側)に面している多聞櫓の角を二重櫓とすることで左右対称となっていることが天秤櫓の名の由来だそうです。長浜城大手門を移築したものと伝えられ、建物土台の石垣は、右側が築城当時の打ち込みハギ積み、左側が江戸後期の改修による落し積みとなっているそうです。国重要文化財

 

f:id:psychicer:20170923110915j:plain

 

f:id:psychicer:20170923111141j:plain

 天秤櫓内から廊下橋を見下ろす。廊下橋は戦のときには落とされるようです。

 

 

f:id:psychicer:20170923111833j:plain

 太鼓門櫓。城内合図の太鼓が置かれていた。ここをくくればもうすぐ天守閣。

 

f:id:psychicer:20170923112138j:plain

 そんなわけで、国宝彦根城天守 附櫓及び多聞櫓到着ぅ~♪

 

f:id:psychicer:20170923112319j:plain

 この天守も実は大津城のリサイクル品(移築)。完成は慶長12(1607)年頃。

 

 早速天守閣内へ。

 

 

  ミニスカートで現存天守の急階段を上ることが流行ってるの? 何故かスカート姿の女の人が多かったような気がしましたが(困惑) 一応写真撮影禁止ではなかったような気がしますが(確認はしてません) いやおにゃのこのスカートの中は撮影禁止だからね?

 

 そして西の丸方面に向かい、西の丸三重櫓へ。

 

 

f:id:psychicer:20170923115126j:plain

f:id:psychicer:20170923115207j:plain

f:id:psychicer:20170923115221j:plain

f:id:psychicer:20170923115241j:plain

f:id:psychicer:20170923115303j:plain

f:id:psychicer:20170923115313j:plain

 

f:id:psychicer:20170923115738j:plain

 櫓内から天守閣方面を眺める。

 

f:id:psychicer:20170923120114j:plain

f:id:psychicer:20170923120716j:plain

 出曲輪方面から黒門方面に抜け、玄宮園には寄らずに旧木俣屋敷方面へ。

 

 

 彦根駅に戻り、次なる目的地である安土へ。(続く)

 

空に消えてった 打ち上げ花火(8/15 諏訪湖祭湖上花火大会)

 そんなわけで今年も行ってきました諏訪湖祭湖上花火大会(7年連続8回目) 今年はいろいろ忙しかったため検討する時間が取れなかったものの、なんとか復路深夜夜行バスツアーで行くことができました。

 

 バスで上野から出発したのですが、都内からすでに雨……。この日の現地(諏訪市)の天気は雨で、花火大会が始まる19時ころからは曇り空になるとの予報でした。

 

 いつものようにおぎのや 諏訪店とSUWAガラスの里に立ち寄り、いざ諏訪湖畔へ。

 ソフトクリーム2個消費。小降りながら雨が降っていました。

 

 雨が降っていたせいか、道も余り混むことはなく16時10分前には有料桟敷席のゲート前に到着していました。16時になってからゲートの入場券兼桟敷席指定券をもらい早々に一時離脱。まあ行くところはもう決まっているわけなのですが。

 

 そんなわけで。

f:id:psychicer:20170815161549j:plain

 諏訪高島城の説明はまた別記事で。

https://twitter.com/psychicer/status/897360480641191936:ebed#I'm at 高島城南之丸跡 in 諏訪市, 長野県 https://t.co/K1UUO5sm1n https://t.co/xXeB59IOhQ

 

 散策を終えて有料桟敷席へ。

 

f:id:psychicer:20170815174702j:plain

 まさかこんなところで連環の計を仕掛けられるとは……(違 ちなみにこの時点では雨はほぼ止んでいました。ベンチは濡れていましたが。

 

 そして19時になり、諏訪市長の「諏訪子様の弾幕ごっこ、はーじまーるよー!」の合図で挨拶の後に諏訪湖祭湖上花火大会開始。

 

諏訪子様の弾幕ごっこハジマタ #諏訪湖祭湖上花火大会2017」

 オープニングスターマイン、相変わらずド派手ですw

 

 

 しかし先程まで雨が降っていたせいかまだ雲が残っており、さらに上空に風がほとんど無いせいもあって、煙と雲が立ち込める結果に。

 

 

今年の諏訪湖祭湖上花火大会はこんな感じである。最高!

 

 

 わけのわからん願いが通じたのか(流石に天界に直談判はしてません)わずかながら事態は好転。

 運営も匙を投げたwww

 

 そんなわけでスターマインこそなんとか見られたものの、高度のやや高い10号玉は見るのを諦めざるを得ず。第一部はほぼこんな感じでした。私もさすがに久しぶりにトイレに立ちましたわ。(少し寒かった)

 

 しかし諏訪湖祭湖上花火大会はこんなもんじゃなかった。

 

 

 第二部は諏訪市出身のチャラ男(オリエンタルラジオの藤森慎吾)の諏訪市PRから開始。

諏訪湖祭湖上花火大会第二部開始。perfect human!

 

 いきなりボルテージ上げてきたwww 明らかに爆音が大きくなってるwww 火薬増やしたなwww

 

 

ミュージックスターマイン、やはり出た「君の名は。」

 

 「君の名は。」に登場する糸守町は飛騨高山とされていますが、隕石が落ちてできた湖は諏訪湖がモチーフと云われています。(新海誠監督は長野県小海町出身とのこと)ひと目見て諏訪湖だと思いましたが。

 

 しかしどうも糸守町は長野県小海町、湖は松原湖のようですね。

 

 閑話休題

 その後も圧倒的なスターマインの連続でした。つか第二部はスターマインづくしですが。第一部がほぼ不発に終わった鬱憤もあってか、シャッターを押す手が止まりませんでした。

 

f:id:psychicer:20170815202329j:plain

f:id:psychicer:20170815203336j:plain

f:id:psychicer:20170815203431j:plain

f:id:psychicer:20170815204141j:plain

 

スターマイン #諏訪湖祭湖上花火大会2017 #諏訪子様の弾幕ごっこ

 

 ジャキジャキスターマイン ”フラッシュカーニバル”(BGM:宇宙戦艦ヤマト)はFacebookにアップロードしました → 

 

 65MBもあるのにFacebookGJ!

 

 そして

水上大スターマイン Kiss of fire!

 

 これを見に諏訪湖祭湖上花火大会に来ている人は多いはず。

 

 ラストも恒例大ナイアガラ。

f:id:psychicer:20170815210553j:plain

f:id:psychicer:20170815210638j:plain

f:id:psychicer:20170815210703j:plain

 ナイアガラのときも打ち上がる花火があることをすっかり忘れて油断してました……

 

 

 21時、諏訪湖祭湖上花火大会終了。

 

 「善善善光寺」もありましたし。

 

 途中たこ焼きを食べてバスに戻ったものの、歩行者天国の交通規制が解除されるまでバスは動けず。私はバスの近くで軽く体操しながら時間を潰してました。ずっと座ってるのも疲れるし、あまり動いてなかったですからね……。

 

 

 23時にようやく規制解除となり、行きによったおぎのや諏訪店、談合坂SAに1時間づつ休憩を取りながら出発地である上野に戻ってきました。

 

https://www.instagram.com/p/BX0t-3TjpWw/

思わず買ってしまった。後悔はしていない。

 

https://www.instagram.com/p/BX0utkGjjzg/

帰りづらい

 

 今年の第69回諏訪湖祭湖上花火大会は小雨の降る中第一部がほぼ壊滅的な結果となってしまいましたが、オープニングスターマインや第二部の様々なミュージックスターマイン、定番のジャキジャキスターマイン以降尺玉大スターマインや水上大スターマインが見られたので満足です。毎年曜日関係なしの8月15日に行なわれる諏訪湖祭湖上花火大会、一度は見ておいて損はないと思います。ただ病み付きになるでしょうけどね。諏訪湖は山に囲まれた窪地にあるため、爆発音が反響してかなり大きな音になりますし、桟敷席なら打ち上げ会場に近いので、爆風を肌で直に感じられます。水上大スターマインの爆発音&爆風は腹にズドンときますよ? 打上数は日本一の4万発です。(関東地方最大クラスの約2倍)

 

 なお9月第一土曜日(今年は9月2日)に同じ諏訪湖で行われる全国花火競技大会ですが、泣く泣くパスします。当日券狙いで行くのもありですが、下手すると帰ってこられない可能性があるので。(宿泊場所か、帰る手段が確保できればあるいは……)

 こちらは約1万8千発ですが、水上大スターマインもあります。

 

テ・ス・ト

 

 

 

 

 

※記事内容は昨年(2016年)のものです。

長野散財記2 8/21 #上田 #信濃国分寺 #別所線 #北条まどか #八木沢まい #別所線に乗ろう #別所温泉

長野散財記 8/20 #上田 #軽井沢 #小諸 #上田城 #真田丸 #小諸城址懐古園 #長野 #善光寺 #banikumanの続き)

 

 そんなわけで二日目。いつものように上田城散策へ。

 

 

 

セミの大合唱の中、朝早くから人がいっぱい。

 

 ホテルに戻ってチェックアウトし、コインロッカーに荷物を預けて上田駅へ。

 

 

お隣の駅なので、そんなに時間はかかりません。

 

ここから歩いて約15分、晴れ渡っていたので浅間山系がものすごく綺麗でした。

 

 第一次上田合戦で、敗走する徳川軍が、真田軍が堰き止めていた神川の鉄砲水によって大打撃を蒙った場所。

 

 

 

 

f:id:psychicer:20160821104249j:plain

f:id:psychicer:20160821104249j:plain

 ここ信濃国分寺は、第二次上田合戦の時、徳川軍についた真田信之と本多忠政が真田昌幸上田城明け渡しを迫った場所。いつの間にか『真田・徳川 会見之地』の碑が建っていました。

 

 信濃国分寺駅に戻り、しなの鉄道上田駅に戻ろうと思ったものの、お昼の時間帯は電車が少なく、仕方なしにバスで上田駅へ。R18すごい混んでると思いきや、案外すんなり進みました。

 

 そして上田電鉄別所線上田駅から、別所線へ。

 

 

 まずは下之郷駅で途中下車。

 

 

 ここ生島足島神社は、生きとし生けるもの万物に生命力を与える「生島大神」と、生きとし生けるもの万物に満足を与える「足島大神」の二神が祀られた真田家ゆかりの神社で、武田信玄願文や真田昌幸朱印状、武田家臣団起請文全八十三通など、国指定重要文化財となっている「生島足島神社文書」全九十四通が遺っていて、歌舞伎舞台内にてその写しが展示されています。

 

 下之郷駅に戻り、再び別所線へ。

 

 電車が来るまでしばし撮影タイム。

 

f:id:psychicer:20160821122617j:plain

f:id:psychicer:20160821124532j:plain

f:id:psychicer:20160821124613j:plain

f:id:psychicer:20160821125610j:plain

 

 いつもなら中野あずにゃん駅で降り、お隣舞田駅、更にその先の八木沢駅まで歩きながら、風景や別所線を撮影したりするのですが、今回は時間がないのでそのまま別所温泉駅へ。

 

 

 別所温泉といえばまずは北向観音

 

 この日は別所温楽をやってました。

 

f:id:psychicer:20160821133422j:plain

 

 いつもならば三重八角塔を見に安楽寺に行ったり、石造多宝塔を見に常楽寺に行ったりするのですが、今回はパス。

 

 そして別所温泉といえば温泉。

 

 

 入るのはかなり久しぶり。スタンプカードのスタンプが貯まっていたので、この日は無料で入ってきました。今年(去年?)のリニューアルで露天風呂に陶器の壷湯ができていました。

 

 やはり別所温泉、気持ちいいです。あいそめの湯は駅に近いですし、別所線の利用者も多いでしょうから、電車の発車時間(20分前くらい?)のアナウンス(CV:北条まどか)とか、せめて時刻表が貼ってあればもっと便利だと思います。

 

 

 温泉あがりの塩分補給に(ぉぃ

 

 

 

 別所線で上田に戻り、北陸新幹線に乗り換え大宮へ。長野に行く機会が減っている中、お盆に3回(8/11-12,8/15-16,8/20-21)も長野に行き、長野分を補充してきました。もちろん行きたいところはまだまだいっぱいあるわけですが。

 

今日のおゆーしょくに、別所温泉のいけだやさんで買ってきた、八木沢まいの信州サーモン鉄道むすびいただきます。#鉄道むすめ #別所線 #別所温泉 #八木沢まい ついでに #北条まどか

 

久しぶりに上田の餅屋伝助の餅菓子、うさぎもち買ってきた。

 

長野散財記 8/20 #上田 #軽井沢 #小諸 #上田城 #真田丸 #小諸城址懐古園 #長野 #善光寺 #BANIKUMAN

 8/20~8/21は久しぶりに長野方面にお出かけしてきました。なんせ長野県内というくくりで言えば8/16以来4日ぶり、上田は8/11以来9日ぶり。16日の上田発新幹線乗車はノーカンです。

 

 そんなわけで大宮からはくたかに乗ってあっという間に上田へ。

 

 行きつけのお蕎麦屋さんでお蕎麦を食べ、いつもの道を通って上田城へ。

 

 

 

f:id:psychicer:20160820085436j:plain

 

 その年輪から、築城当時から上田城を見守っていたと思われる御神木。

 

 入場券は次回(11月か12月予定)に一緒に行ってくれる方にお譲りします。朝イチだったので流石にそんなに列んでませんでした。大河ドラマ館だけあって、展示物はほぼドラマよりです。

 

f:id:psychicer:20160820091059j:plain

 大河ドラマ館内で唯一撮影可能な真田信繁(幸村)の赤備えの鎧(大坂ver.)

 

 ところで今回の目的はこちらではなくて、

 

 

 こちらで行なわれている特別展 真田丸でした。東京会場(江戸東京博物館)には二回足を運んだのですが、上田会場は都合がつかず、これが初。六連銭紋黒塗水筒や長篠合戦戦装束経帷子など、上田会場でしか見られないものが意外に多くあり、特に長篠合戦で討死にした信綱の首級を包んできたものとされる血染めの陣羽織を見ることができてすごく良かったです。次は大坂会場かな?

 

 サントミューゼをあとにし、しなの鉄道上田駅へ。

 

https://www.instagram.com/p/BJUEGgWhyVz/

上田駅で軽井沢・長野フリーきっぷ買いました。これから軽井沢に向かいます。

 

 

 軽井沢駅とうつき。写真撮り忘れ。

 

 軽井沢に来たらまずはこれ。

f:id:psychicer:20160820123205j:plain

デキ12形13電気機関車。Swarmのチェックポイントがあったはずなんだが……。

 

f:id:psychicer:20160820123212j:plain

 (旧)軽井沢駅社記念館。新幹線開通により取り壊された旧軽井沢駅舎を、往時の姿そのままに移築したもので、草軽電鉄をはじめ碓氷峠を走った信越本線関連の資料などが展示されています。

 

f:id:psychicer:20160820124411j:plain

 皇室の方々が利用した2階の貴賓室。中に入って応接椅子に座ることができます。

 

https://www.instagram.com/p/BJUNm1QBlMg/

軽井沢駅

 信越本線軽井沢駅のプラットホーム。一度でいいから横川~軽井沢間を乗ってみたかったです。奥に写っているのは峠のシェルパと呼ばれたEF63。

 

f:id:psychicer:20160820125149j:plain

 碓氷峠の最大傾斜66.7‰を上るために導入されたアプト式電気機関車

 

 現在のしなの鉄道軽井沢駅にもどり、小諸駅へ。

 

 りのん~♪ 未だになつまち見たことないですけど。

 

 そして小諸城址懐古園へ。

 

 

 

https://www.instagram.com/p/BJUVYP8htIY/

小諸ももっと熱くなれ! #真田丸 #あの夏で待ってる #小諸

 ここ小諸城は、関ヶ原の合戦時に中山道を進軍していた徳川秀忠の軍勢が、その進路上にある真田父子の上田城を攻略するために本陣を構えた城です。

 

f:id:psychicer:20160820135938j:plain

 秋には色とりどりの紅葉が楽しめます。

 

https://www.instagram.com/p/BJUVzIzh9df/

苔生した石垣がいい味出してる

 相変わらずステキです。

 

 小諸城本丸に建つ懐古神社

 

f:id:psychicer:20160820141414j:plain

 天守台。天守閣は落雷によって焼失しています。

 

 小諸市動物園、徴古館に立ち寄ってから、遅めのお昼ご飯。

 

 前回来た時はリニューアル中で、建物すら無かったのですが、だいぶ綺麗になってました。

 

お昼ご飯にくるみ蕎麦いただきます。お蕎麦うまうま。

 

食後のデザートにくるみおはぎいただきます。一個単位で注文可能とのこと。

 

 おしながきには三個と買いてありましたが、一個ずつでも注文できるとのこと。

 

 くるみ大好きなので、くるみ三昧でした。

 

 

 

 小諸駅に戻り、ちょっと寄りたいお店があったので、しなの鉄道で一気に長野駅へ。

 

 

 長野といえば、バニクマン。

 

 さっきおそば食べたばっかりなんですが、いつ訪れても満席なので、開店直後を狙って行ってきました。

 

 それでも奥のお座席は予約で一杯だったようですが。(一人なのでカウンターで)

 

まずはアップルビームハイボールと、お通しの揚げそばいただきます。

 

馬刺しの三種盛りいただきます。三種といいながら5種類あるのは多くの部位が入荷出来たから。タンはすごく珍しいそうな。

 

長野ワインティスティング。左から、龍眼、井筒ワインナイアガラ、浅間メルロー

 

長野ワインティスティング三種。

 どれもおいしかったですが、ナイアガラが一番美味しかったかな?

 

安曇野とっから味噌とクリームチーズいただきます。

 

馬ハムの盛り合わせいただきます。馬肉の生ハム、燻製、ジャーキー、チャーシューの四種盛り合わせ。

 

花梨ジュースいただきます。さすがに身体が熱くなってきた……。

 

安曇野ヨーグルトラッシーいただきます。

 

焼き味噌いただきます。麹味噌にそば米を入れて炙ったもの。

 

 〆て7,900円。さすがにお馬さんは高いですが、美味しかったです。

 

 この日は品切れだったのですが、さくらメンチカツも食べてみたかったです。

 

 また11月後半か12月に行きたいと思ってますので、信州散策含め同行者を募集します。

 

https://www.facebook.com/banikuman/

 

 当初はそのまま長野駅から上田駅に戻るつもりでしたが、気が変わってバスで善光寺へ。善光寺も8/16以来4日ぶり。

 

 ま、流石に開いてませんでしたが。

 

 長野駅に戻り、しなの鉄道上田駅へ。

 

 喫煙・禁煙の区別が無いせいか、かすかにタバコの臭いがしましたし、この既設、消臭スプレーは重宝するんですよね……。

 

 外の温泉施設には行かずに(ホテルに大浴場はない)、部屋の浴室でシャワーを浴びたあとしばらくまったりしたあと、かつてピカチュウの森と呼ばれた夜の上田城へ。

 

 ほぼ満車状態でした。まあ無料開放はされてるので、不思議ではないですが。

 

 雨が降って空気が澄んでいたというのもあるでしょうけど。12月頃はもっと綺麗なんでしょうなぁ。

 

 櫓門から入り、西櫓からお堀をぐるっと回ってきましたけど、真田神社周辺を中心に老若男女30人以上人数とすれ違ったような。

 

 二ノ丸橋からいつものように大手町公園の方に出て、深夜の上田駅へ。

 

 

 

 しなの鉄道小諸行きのほうが1分遅かったはず。北陸新幹線はとっくに終電迎えてます。

 

 

信州北部寺院巡り(8/16) #善光寺 #戸隠 #御朱印 #小布施

空に消えてった 打ち上げ花火 (8/15諏訪湖祭湖上花火大会) #長野 #諏訪 #高島城 #諏訪湖祭湖上花火大会のつづき)

 

 15日24時をちょっと廻った頃に長野のホテルにチェックイン。長野市内には年弐/三回は止まっていますが、JALシティ長野は初宿泊。長野駅から善光寺へ向かう道筋にあるので、気になってはいたのですがね……。

 

 この日は朝起きて、バイキングの朝食を済ませてから善光寺へ。さすがに眠かったので、お朝事参加と朝温泉(ホテルに温泉はなく、長野県庁の裏手に温泉施設がある)は諦めました。

 

 そんなわけで。

 

 ポケモンもポケストップもそこそこ多い善光寺

 

 

https://www.instagram.com/p/BJJXM8nBpeF/

善光寺にお参り中のポケモンをゲットするのはやめましょうね。

気をつけてマナーを守ってポケモンGOを楽しんで下さい。

 

 

 

 

f:id:psychicer:20160816074607j:plain

 

 お詣りのあと、お戒壇めぐりをし、御朱印をもらってきました。(六種類)

 

f:id:psychicer:20160828161607j:plain

 毎日枚数限定配布の「金字御朱印」

 

f:id:psychicer:20160828161845j:plain

 本堂

 

f:id:psychicer:20160828161933j:plain

 びんずる尊者(撫仏)

f:id:psychicer:20160828162016j:plain

 ご詠歌 (身はここに 心は品濃の善光寺 導き給え 弥陀の浄土へ)

 

f:id:psychicer:20160828162222j:plain

 山門 (文殊菩薩

 

f:id:psychicer:20160828162331j:plain

 おやこ地蔵

 

 

 江戸幕府三代将軍徳川家光の正室本理院、家光の乳母春日局、家光の次男綱重の正室紅玉院など、大奥関係者の供養塔。

 

 江戸時代に善光寺の外護職を務めた松代藩の藩主、真田家の供養塔。七年に一度の善光寺御開帳の折には、本堂前に建つ大回向柱の用材を松代町が毎回寄進するほどに、松代と善光寺のご縁は今も深い。

 

 聖徳太子碑。善光寺聖徳太子とのご縁は深く、善光寺縁起には善光寺如来と太子が文を交わした話が説かれているとか。

 

 数え年で七年に一度行なわれる善光寺最大の行事、前立本尊御開帳において、本堂前に建てられる高さ十メートルの角塔婆を回向柱といい、回向柱は御開帳が終わるとこの場所に納められ、歴代の回向柱とともに、徐々に土に還っていくそうです。

 

f:id:psychicer:20160816081823j:plain

 

 お釈迦様の足跡を石に刻んだもの。

 

 山門内が参拝出来たので、上ってきました。

f:id:psychicer:20160816082852j:plain

 建物内部は撮影禁止でしたが、山門本尊の文殊菩薩像、その四方を守護する四天王像、四国八十八ヶ所霊場御分身仏などを見ることができます。

 

 

f:id:psychicer:20160816074831j:plain

 

 味噌がたっぷり塗られたのり巻き焼むすびや冷やし甘酒なども売られています。

 

 ホテルに戻ってシャワーを浴びたあと、バスに乗り込んで戸隠へ。奥社まで行くのはかなり久しぶり。

 

 

 

 

 駐車場から奥社まで徒歩約40分もかかるのに、滞在時間90分では時間が無さ過ぎます><; とりあえずお詣りそっちのけで(行列の脇から二礼だけはした。日本人って、なんでこんな時まで行儀よく列を作ってるんだろう……別に真ん中じゃないと拝めないわけじゃないのに。と思いましたが、脇から割り込むのも忍びなかった)御朱印だけいただいてきました。

 

f:id:psychicer:20160828172123j:plain

f:id:psychicer:20160828172037j:plain

 

 まあ帰りはポケモンGOよゆーでしたけど^^; (疲れも取れていたし、舗装されていないとはいえ平坦な道でしたので、早足で人々の合間を縫いながら帰りました)

 

 

戸隠蕎麦いただきます

 

 そしてお昼ご飯に戸隠そばをいただき、栗と北斎の町、小布施へ。

 

 さすがに栗の木テラス 小布施店は激混みでしたが……。

 

小布施のかんてんぱぱでソフトクリームペロペロ。小布施牛乳うまうま。

 

小布施栗100%使用のマロンプリンいただきます。栗の味が濃厚でうまうま。

 

 小布施牛乳と小布施栗を堪能できたので十分です。もっと食べたかったですけど^^;

 

 その後バスで上田駅まで戻り、新幹線発車の時間までの小休止を挟んで、新幹線で東京へ。私は大宮で離団しましたが。(当初上田で離団する予定だった)

 

 8/15の諏訪湖祭湖上花火大会は流石に桟敷席の値段が高く、ここ何年かはずっとツアー参加でしたが、2日目(8/16)が上高地とか、ひまわり畑とか、あまり食指が動かないものが多かったのですが、今回は戸隠神社+小布施散策ということで、なかなか良かったです。次点は松本城周辺散策。

 

 まあそれ以前にホテル一人一室でないと申し込めないんですけどね……(見ず知らずの人と相部屋なんて、もってのほか)

 

 

空に消えてった 打ち上げ花火 (8/15諏訪湖祭湖上花火大会) #長野 #諏訪 #高島城 #諏訪湖祭湖上花火大会

  8/15は毎年恒例諏訪湖祭湖上花火大会(曜日は関係ありません)。今年もまた行ってきました。(7年連続8回目)。今年もツアー参加でしたが、今年は東京駅から新幹線で佐久平駅まで行き、そこからバスに乗り換え、ビーナスラインを通って諏訪まで行くというなかなか頭の悪いプランでした。

 

 

 つまり自由時間が2時間もあるということで、早速諏訪高島城へ。

 

 

https://www.instagram.com/p/BJH0fDuBVLj/

諏訪市のマンホールの蓋。諏訪子様でも、諏訪姫でもありません。

 

 

f:id:psychicer:20160815172526j:plain

f:id:psychicer:20160815172536j:plain

f:id:psychicer:20160815175223j:plain

 

 諏訪姫可愛いです。

 

f:id:psychicer:20160815182726j:plain

 さんせっと おぶ すわ れいく

 

 諏訪湖畔に戻ると、すっかり日が暮れてました。花火打ち上げまであと30分ほど。

 

 空にはまだ多くの雲がかかっていましたが、花火打ち上げ直前になって風が吹き、雲がどんどん掃けていきました。早苗さんナイスです!

 

f:id:psychicer:20160815190613j:plain

 諏訪子様の弾幕ごっこ、はーじまーるよー♪ 

 

f:id:psychicer:20160815192212j:plain

f:id:psychicer:20160815192738j:plain

f:id:psychicer:20160815194750j:plain

 

 一時間が経ち、第一部が終了して第二部へ。諏訪湖祭湖上花火大会は、ここからが本番です。

 

f:id:psychicer:20160815201108j:plain

f:id:psychicer:20160815202555j:plain

f:id:psychicer:20160815202643j:plain

f:id:psychicer:20160815203125j:plain

f:id:psychicer:20160815203225j:plain

 

 

 

諏訪湖祭湖上花火大会名物、水上スターマイン

Psychicer Aoiさん(@psychiceraoi)が投稿した動画 -

 f:id:psychicer:20160815204931j:plain

f:id:psychicer:20160815204958j:plain

 

 そしてラスト。

 

https://www.instagram.com/p/BJINsPUB2AU/

大ナイアガラ

 全長2kmもあります。

f:id:psychicer:20160815205955j:plain

 

 諏訪湖は巨大な湖であり、周りを山々に囲まれた、フライパンの底のような盆地であるため、花火から生じる爆風と爆音の反響がすごすぎます。見るならばぜひ桟敷席で!